2009年12月31日木曜日

浜めし@銚子漁港

予算¥1,300(三色丼(イクラ、ウニ、マグロ)¥1,300(味噌汁、コブ佃煮、小鉢(肉じゃがのじゃが)、漬物)

土地鑑の無いところで朝食を摂ろうと思ったら、やっぱり漁港周りですよね。

【浜めし】
若干小さめの丼ではあるものの、そこにあるは豪快に盛られた具の数数。まず目に付くのは、丼からはみ出しまくりである分厚く刻まれた脂のよく乗ったメカジキのトロ。その数、三切れ。そして中央には小振りながらも色濃く味濃く甘み濃いウニの塊。あとは残りを埋め尽くすようにたっぷりと盛ちつけられたイクラの絨毯。
カジキマグロはマグロとちゃうやろ、などと野暮なことを言ってはいけません。それがマグロだろうが、サバだろうが、とにかく半端なく旨いのです。
ただ残念ながら、魚屋系の海鮮丼屋によくある話ですが、米の質がもう一つ。鮓屋系海鮮丼屋ではそんなことはないのですが、こちらは総じてお値段高めとなっていますので、お得感に乏しい。というそんなジレンマ。
ネタの質良く、お安く、飯も旨い、そんな海鮮丼をボクは常常求めております。

浜めし
住所:千葉県銚子市竹町1545-8 海鮮マップ
電話:0479-25-9030
営業時間:8:00~17:00
定休日:月曜、第三火曜
cp7 mf7 re7

------------------読了------------------ 

むかしの味 - 池波正太郎 -

「あ、そうだ、まだ残ってますよ、残ってますよ」
「ふうむ。残っているねえ……」
「どうです、入りましょうか?」
「いうまでもない」

と出てきた、阿み彦。

僕にとっての焼売ってヤツは、横浜に出かけたついでに食うもの、ぐらいの存在でしかないのだが、ここのは無性に食べたくなることがある。
この店を教えてくれたのは学生の頃のカノジョさんだった。
「なんかね、頼んでへんのにいろいろと付けてくれるんよ」
その言葉通りいつも何かしら品が増えていた。
とびきり旨いわけではないのだが、素朴にしみじみと心に染みいる旨さが記憶に刻み込まれているのは、感傷風味が加わる所為か?

2009年12月30日水曜日

お好み焼の店 岩田屋@太平市場

予算¥100(味自慢 たこ焼(8ヶ)¥100)

久しぶりの100グルです。

【お好み焼の店 岩田屋】
萩之茶屋辺りでさえ100円で4個が相場だというのに、尼では8個で100円の店があります。
8個100円なんて、またよくあるコンニャクやチクワを入れた紛いモンやろ、と思われるかもしれませんが、列記としたタコ入りたこ焼きです。
小振りのたこ焼きにちんまいタコではあるが、きっちりとひとつにひとつづつ入っております。
もちろんそれで100円なわけですから文句のつけようなどありません。

お好み焼の店 岩田屋
住所:兵庫県尼崎市北大物町16-25 太平市場内 粉ものマップ
電話:06-6401-6424
cp8 mf5 re5

2009年12月29日火曜日

JAZZ IN ろくでなし@四条木屋町

予算¥7,250(男9人女3人)(アブサン(ペルーノ)(表記通)¥600、カンパリソーダ¥600、サントリー角¥450、ビール(中)¥650、チンザノ¥500、他たくさん)

ろくでなしの群れ

【JAZZ IN ろくでなし】

呑んだくれてへべれけな、どうしようもなく愛すべきヤロウたち。

JAZZ IN ろくでなし
住所:京都府京都市下京区木屋町四条下ル100mアークビル2F
電話:075-351-0299
営業時間:13:00~26:00
定休日:年中無休
公式サイト
cp5 mf6 re4

2009年12月28日月曜日

立呑処 北村酒店@春木

予算¥870(キリンラガー大瓶¥420、月桂冠 上撰(100ml)¥150、サバキズシ¥300)

並びにある300円の弁当屋の方が気になりますが、メシでは喉の渇きを潤せないので立ち呑みます。

【立呑処 北村酒店】
ボロボロの赤チョウチンに、薄汚れたノレン、そして色褪せたオネーチャンのポスターのうらぶれ感が何とも素敵な店です。
広い間口のガラス扉の向こうには、立ち呑み屋では定番のコの字型のカウンターが、ちょっと間の抜けた広さを持って待ち受けています。
その広めのカウンターのそれぞれの場所に、それぞれの身なりの人人が、それぞれの想いの抱えながら、それぞれの酒酒を傾けていきます。
このような常連さんばかりが訪れるような店に於いては、自然と自分の居場所というか、何となく馴染む処というか、身にあった立ち位置というかが生まれてきます。
たとえ、他に多くの隙間があろうとも、その自分の落ち着けるいつものポジションが先客に荒らされているとなると、気もそぞろとなり、一日の終わりをゆっくりとくつろぐことが出来なくなってしまいます。
そんな誰かの領域を侵さぬよう慎重に、入り口に近い片隅という微妙な位置へと身体を滑り込ませ、ビールにキズシを頼みます。

脂のノリはよくはありませんが、8切れほど大きく切り分けられたキズシをアテに、ビールを空けます。
それだけでは多少の物足りなさを感じ、お酒を追加しました。幾つかあるお酒がそれぞれ少しずつ楽しめる100ml、ちょっとお得な200mlと選べるのは中中よい考えです。他の店にも見習って欲しいサービスです。

それにしても、サッポロの看板を挙げているのにキリンとアサヒしか置いていないのは、なぜ?

立呑処 北村酒店
住所:大阪府岸和田市中井町1-9 立ち呑みマップ
電話:072-443-0851
cp5 mf5 re4

2009年12月27日日曜日

レードルの甘辛カレー@通い船

予算¥750(甘辛カレー(サラダ付、20食限定)¥750)

また帰ってきました、傾いた喫茶店 レードルのカレーです。

【傾いた喫茶店 レードル】
激しい甘みをもたらすのはルウにたっぷりと加えられたコンデンスミルク。
それに続く舌に熱い辛味はその上から振りかけられたカイエンヌペッパー。
じっくりと煮込まれたルウに、あとから加えられたと思われる挽肉以外の姿を見付けるのは難しい。唯一残っているものを挙げるとすれば、手羽先の先のものと思われる鶏骨のみ。この手羽先の先を包む鶏皮が姿を失うまで煮込むことにより、ルウ全体を取りまとめるコクを生み出しているのであろうか。

爽やかな甘みの"アレ"に相対する濃厚な甘みの"コレ"
どちらが好みかと聞かれれば、"アレ"なのだが、他にない個性を持った"コレ"も一食に値する。

そしてとうとう、"アレ"で始まったカレー話も"コレ"にておしまい。

LADLE(沖縄おでんと島野菜の店 通い船)
住所:神戸市灘区篠原南町7-1-18 カレーマップ
電話:閉店
営業時間:11:00~14:00
定休日:一日限定復活
cp5 mf5 re5
通い船@骨董通り
傾いた喫茶店 レードルの"アレ"@通い船
2周年@通い船

2009年12月26日土曜日

大衆酒場 お多福@野田新橋筋商店街

予算¥640(キリンラガー大瓶¥440、ねぎま¥200)

喉が渇いたので立ち呑みました。

【大衆酒場 お多福】
昼をわずかにまわったばかりだというのに、カウンターは強かに出来上がった常連さんであふれています。
そのカウンターの隅の末席を空けて貰い、大瓶を頼みます。

「アサヒ?キリン?」
「キリン!」

いつもの受け答えです。
それからようやくメニューを眺め、吟味し、最近食べ比べしてみようと思っている"かす汁"を選びます。

「ごめんなさいね、今日、仕込んでないの」

と返ってきます。
再びメニューを眺め、再び吟味し、"ねぎま"を選びました。

「汁だけどいい?」
「構いませんよ」

と返します。
汁の温もりが欲しかったので、その方が嬉しかったのです。

そのねぎま汁は、マグロをアッサリ塩味で炊いて、レンチン。その後に青ネギを散らしたものです。
大きめの切り身が、いち、にぃ、さん、しぃ、ご、と入っております。
そのお姿といえば、横に並んだマグロ造り(¥400)の翌日の姿であろう、ということは、想像に難くありませんが、美味ければいいんです。そう、いいんです。

大衆酒場 お多福
住所:大阪府大阪市福島区吉野2-13 立ち呑みマップ
cp5 mf5 re5

------------------読了------------------ 

日日すれすれ - 吉行淳之介 -

半年近く、あと10Pを残すくらいでほったらかしにしていた一冊。
別に読み惜しみしていた、とか、そういうわけではなくて、純粋に彼のエッセイはちょっと苦手なんですよ。
その中でもこの一冊は読んでいると、どんよりとしてくるので辛いです。

そんなことを言いつつも、他にも彼のエッセイを2冊ほど読んでいる途中なんですけどね。

2009年12月25日金曜日

カツカレー@自由軒

予算¥800(カツカレー¥800)
大阪には生卵を落とし込んだカレーで有名な自由軒がありますが、それとこことを一緒にしないでください。

【洋食の店 自由軒】
実はここのカツカレーは、カレーライスと味が異なる。正確には、ここの普通のカレーライスには、カツカレーとは味が異なるルウがかかっている、と言うべきであろう。つまり、基本的なカレーの味は、カツカレーにかけられている方のカレーの味で、カレーライスにかけられているカレーはそれをアレンジしたものだ、ということだ。
それは、よく煮込んだ具材をすり潰し溶け込ませ姿形が判らなくなったとろみの強い洋食屋のカレーに、これまた洋食屋の代表的メニューであるビーフシチューを加え、風味、色合い、共にトマトな感じを加え、ハヤシライス的な仕上がりとなって出来上がってくる。具はよく煮込まれた牛すね肉の塊のみといった潔さが又素敵でもある。ビーフシチュー(サラダ付)が1,400円であることを考えなくても、この味、この量でこの値段というのは、かなりお得だ。
それでは、牛すね肉のオマケも無く、チキンカツが載っているだけのカツカレーに、更に300円も上乗せしてそれを頼むのはアホか、というとそれがまた、そうでもない。
サクッと歯切れの良い衣に、しっとりと柔らかい胸肉の旨味。あぁ、チキンカツってこんなにも美味かったんだ、と思い出させてくれるその味は、-牛すね肉+300円を考慮に入れたとしても高いとは思えない。
アッサリ系が好いときは、ノーマルカレーライス。ガッツリ系と頂きたいときは、カツカレーライスと使い分けたい。

洋食の店 自由軒
住所:神戸市灘区高徳町6-3-10 エスペランサ六甲103号 カレーマップ
電話:078-821-8670
営業時間:12:00~14:30、17:00~21:30
定休日:水曜
cp7 mf7 re7
洋食の店 自由軒@六甲道

------------------読了------------------

銀河ヒッチハイク・ガイド - ダグラス・アダムス / 風見潤訳 -

ほとんど悪ふざけとも思えるナンセンスな展開は何なんだ?と思っていたら、BBCのラジオドラマを小説化したものだったんですね。
モンティ・パイソンのハチャメチャっぷりを考えたらまだマシな気もしてきました。
久しぶりにホーリー・グレイルを観てみましょう。

古典SFに合わせて、死語っぽい言葉を混ぜてみました。

2009年12月24日木曜日

冬籠もり


六甲山の頂よりblog

2009年12月23日水曜日

立ち呑み処 みつおか@六甲道

予算¥1,130(生中(アサヒ黒生)¥380、鯉川 純米吟醸生酒(120ml?)¥550、セロリ浅漬¥200)

咳をしても一人 消毒せねばと 立ち呑みに

【立ち呑み処 みつおか】
仕事を早早と終え、六甲道の名店"みつおか"へと辿り着く。
そこで、栄養を摂らねばと、セロリの浅漬に消毒用にアルコールを頼んでいった。

セロリの香りにレモンの酸味と鷹の爪の辛味が酒を勧めていく。その歯応え、香り、風味、絶妙な漬かり具合が何とも言えず素晴らしい。すぐにでも風邪が治りそうな気がしてきた。
しかし、なんだかんだと理由を付けて酒を喰らうは、アルクホリックなマダオのおはこのいいわけ。


18番 「いいわけ」

立ち呑み処 みつおか
住所:神戸市灘区永手町3-2-16 立ち呑みマップ
営業時間:16:30~23:30
cp6 mf6 re5

2009年12月22日火曜日

カレーの店 山椒@阪急茨木市

予算¥600(カレーうどん¥600)

カレーうどんを置く店というと、昔ながらの朴訥なうどん屋や、何でも有りまっせ、的な下町の食堂が多いが、珍しくカレー専門店でそんなものを置いている店を見付けた。

【カレーの店 山椒】
カレー専門店らしく、本格的にスパイスの香りが立ち上る一杯。うどんにカレー粉をぶち込んでとろみを付けてみました、的なうどん屋のカレーとは一線を画す一品。
とは言えそれは、あくまでもカレー屋のカレーらしく、カレー様に完成された味わいのカレーらしく香ばしい香りに風味のルウを取り敢えず出しで溶いて、甘めに仕上げてうどんに合わせてみました、的なカレーうどんである。
讃岐加ト吉系の透明感のあるモッチリとしたうどんに、牛肉を加え、青ネギを散らした、よく煮込まれた鶏カレーベースのルウがたっぷりとかけられている。それは、タマネギのシャキシャキとした食感も珍しくも面白く、美味しくもあるのだが、何故かもう一つ満足感に欠けるのは、なんでだろう?
それは、うどんだけでは物足りない腹の具合に、ご飯を追加してぶち込めば良かった、と思う後悔の念からなのか、やはりあの、牛肉に青ネギの具だけのシンプルな具のたゆたう出しにカレー粉の香りが加わった安っぽくも素朴で単純な味わいの方が、琴線に触れるものがあるよな、といった貧乏くさい思いからなのかは解らないが。

カレーの店 山椒
住所:大阪府茨木市竹橋町2-2 王子ビル1F カレーマップ
電話:0726-22-3580
営業時間:11:30~14:30、17:00~22:00
定休日:日曜
cp5 mf5 re5

------------------読了------------------

F式・夏 - 仁川高丸 -

「僕、は畏まり過ぎている。おれは無頼派で、俺には身長が足りない感じだし、オレだと低能のイメージだ。ボクなんて女みたいで問題外だし。あと残っているのは、某か拙者か。自分ってのもあったよね。それから、ワシ、わい、おいどん。我輩ときたら猫か」
なんて、会話で始まる、モグラとヒトの共通点を無くしたい少女"喜捨"、と"軸"(ズィグ)との対話が軸の物語。
ジャケ買いした一冊ではあるのだが、小説としての体を成していないというか、思いつきの羅列のような文体はどうなのだろう?
まぁ、携帯小説などが流行るこんな世の中は。。。

2009年12月20日日曜日

吟醸酒房 油長@伏見

予算¥1,200(富翁 ささにごり(グラス)¥360、招徳 純米生酛(グラス)¥320、坤滴 純米酒(グラス)¥320、付出¥200(豆腐、蕗味噌))

伏見全蔵元22社より取りそろえた吟醸、大吟醸などを、常時約70種類以上試してみることが出来るお店。
点在する蔵を自分の足でひとつひとつ廻り、その蔵の佇まいやニオイと共に酒を楽しむのも一興だが、そんなのはめんどくさい、手っ取り早く楽しみたい、と云う向きにお勧めしたい。

【吟醸酒房 油長】
まずは今の時期ならではのしぼりたて、"富翁 ささにごり"。"にごり"と付くだけあって、四勺ほどのグラスの中をゆっくりと澱が漂う。しかしその味わいは濁酒の粗野さは無く、すっきりとしたいかにも大吟醸といった味わい。
次に"招徳 純米生酛"を頼む。伏見では唯一の生酛だというその酒は、女酒といわれる伏見では珍しい石川系のどっしりとした深い味わい。それを造るのが女性の杜氏だと云うから面白い。これをぬる燗でお願いしたのだが、今日は手が回らないから出来ないと断られ、それではと"坤滴 純米酒"を選ぶ。
それは、山田錦らしいフルーティーな香りに軽めの爽やかな酸、そして純米らしい粉感を感じる好みの酒ではあったのだが、燗上がり しそうな"招徳 純米生酛"を楽しめなかったことが、心残りとなった。

吟醸酒房 油長
住所:京都府京都市伏見区東大手町780 立ち呑みマップ
電話:075-601-0147
営業時間:10:00~22:00
定休日:火曜日(祝日は営業)
公式サイト
cp6 mf6 re6

■株式会社 北川本家
住所:京都府京都市伏見区村上町370-6
電話:075-611-1271
Fax:075-611-1273
公式サイト

純米大吟醸 富翁 ささにごり生原酒
720ml ¥1,575
純米大吟醸生原酒
原材料:米、米麹
原料米:福井県産五百万石、滋賀県産吟おうみ、他
精米歩合:49%
日本酒度:+3.0~+4.0
酸度:1.5
アミノ酸度:1.4
alc17.8%

■招徳酒造株式会社
杜氏:大塚真帆
住所:京都府京都市伏見区舞台町16
電話:075-611-0296
Fax:075-611-0298
公式サイト

招徳 純米生酛
1800ml ¥2,730、720ml ¥1,365
純米酒
原材料:米、米麹
原料米:五百万石、日本晴
精米歩合:60%
日本酒度:+2
酸度:1.9
アミノ酸度:1.9
alc16%

■東山酒造有限会社
住所:京都府京都市伏見区塩屋町223
電話:075-611-1319
Fax:075-611-1319

坤滴 純米酒
1800ml ¥2,625、720ml ¥1,470
純米酒
原材料:米、米麹
原料米:田中農場産山田錦100%
精米歩合:60%
日本酒度:±0
酸度:1.4
アミノ酸度:1.9
alc15.5%

2009年12月19日土曜日

新家オリジナルドライカレー@新家

予算¥1,750(新家オリジナルドライカレー¥650、キリン一番搾り生中¥500、キリンラガー中瓶¥600)

久久の新家。

【新家】
久久とは云ってもそれ程久しくはないか、高高二三週間ぶりというところ。
そこでの久方ぶりとなるクミコさんとの出会い。あれは"ぱぁ"であった以来になるので、半年ぶりくらいだろう。
そしてこれまた長いこと口にしていなかった"新家オリジナルカレー"を頼む。前に食べたのは"テル"が居た頃だから、少なくとも四五年は前のはなし。

"新家オリジナルカレー"とは、微塵切りにしたタマネギ、ニンニク、ピーマンなどと共に挽肉をじっくりと炒めた、いわゆるキーマカレーである。
鼻腔をくすぐるクミンの香りや、味蕾を刺激するカイエンヌが立つようなスパイス感はないが、柔らかく和風な何とも云えない甘みの拡がる口当たり。
記憶によると、これほど美味しいという覚えではなかったのだが。

「前と同じレシピやで」
というので、こちらの味覚が変わったのかも知れない。
とにかく、これからは新家食事系メニューの中に、"新家オリジナルカレー"も加えることにした。

新家
住所:神戸市灘区篠原南町7-2-2 カレーマップ
電話:078-861-3232
営業時間:18:00~23:00 
定休日:第1日曜、火曜
cp6 mf8 re7
新家@畑原東
卒業式@新家
風邪引き@新家
古閑千鶴と須藤雅彦TRIO@新家
どぶろく@新家
ソフィーカレー@新家

------------------読了------------------

美少女 - 吉行淳之介 -

"透明人間ごっこ"
そんな他愛もない遊びから物語は始まる。
そして文字通り突如として姿を消した美少女。
その美少女を捜す内に、刺青とそれにまつわる人間関係が見え隠れする。

純文学にしろ、エッセイにしろ、ジュブナイルにしろ、どれもこれも、吉行淳之介の顔が浮かぶ文体はさすが。

2009年12月16日水曜日

2009年12月15日火曜日

酒肴@一社酒店

予算¥1,640(男2人)(キリン一番搾り大瓶¥370、キリンラガー大瓶¥370、わけぎのぬた、自家製甘鯛一夜干)

凡百の居酒屋に負けないアテを出す立ち呑み屋ここにある。

【一社酒店】
アテだけを持ち帰りで頼む客がいる立ち呑み屋。
そんな店、他に知りませんよ、ボクは。

アジの中華餡かけ

トリガイ

わけぎのぬた

まぐろのほっぺ

剣先

マグロ

穴きゅう

甘鯛一夜干


一社酒店
住所:神戸市中央区日暮通6-1-18 立ち呑みマップ
電話:078-221-6134
営業時間:16:00~20:00(土曜他)、16:00~19:00(日曜)
定休日:月曜
cp6 mf7 re5
一社酒店@大安亭市場
やっぱりここもキクマサムネ@一社酒店

------------------読了------------------

皆月 - 花村萬月 -

"みんな、月でした。
がまんの限界です。
さようなら
沙夜子"
そんな謎めいた言葉を残して姿を消した妻を探し求める中年男。

読む者を引き込む序盤の巧さに比べ、中盤からの色褪せながら急激に収束していく終盤のダメダメ感は、あぁ、やっぱり、いつものまんげつタンだったな、とすっきりとしない読了感を残す。
やっぱり、まんげつタンのは、短篇にこそ良作があるとボクは思う。

2009年12月12日土曜日

手打うどん 大八@新在家

予算¥650(カレーうどん¥650)

カレーライスやライスカレー、カレーうどんにうどんカレー、カレーパンとパンカレー、すーぷかれーはかれーすーぷなど、カレーに類する料理はたくさんあるようだが、それがカレーだろうとカリーだとか、たとえ咖哩であったとしても、インド人もびっくりな応用度の高さは凄まじい限りである。その中でも、カレーと云えば多くの人が挙げるであろうカレーライスやライスカレーよりも、二番手三番手に甘んじているであろうカレーうどんにうどんカレーが、ボクはスキだ。

【手打うどん 大八】
この店の長所は、料理がすぐに出てくるところ。それは、あらかじめ茹で置かれているうどんを出すから。
この店の短所は、どうにもこうにもうどんにコシがないところ。それは、あらかじめ茹で置かれているうどんを出すから。
茹で置きといえどもそれは、手打ちらしいもっちりとした粘りを留めてはいるのだが、やはり、打ち立て、切り立て、茹で立て、では無いのが残念なところ。
あ、あともう一つ長所があった。それはどのうどんにも生卵が一つだけ付くところ。
かつては、テーブルの上に置かれた卵を好きなだけ食べられたらしいが、今では一品につき一卵となっている。
頼む品によっては、そんなサービスいらねーよ、なわけだが、熱熱のカレーうどん(茹で置き)に生卵を割り入れ、素早くかき混ぜ、その余熱で半熟具合に少しとろみが増してマイルドさが加わった、さらに栄養素も高まっていそうなカレーうどんという発想は、そう悪くもない。
こう書いていると、自由軒の"名物カレー"のようにいかにも美味しげな雰囲気を醸し出しているのだが、実際のところ、自由軒の"名物カレー"のようにそれをいざ、期待を持ってして食べてみると、それほど美味いわけでもない。かといって、不味くもない。大阪名物自由軒の"名物カレー"よりは美味いといえるかも知れない。それはその程度の味でしかないのだが、いつの日にか、打ち立て、切り立て、茹で立て、に巡り会えるかも知れない、と少しばかりの期待を保って、時時足を運んでしまうのだった。

あと、あれだ。この店がどうにもこうにも気になる要因は、サービス定食(¥550)と大八定食(¥700)の違いは何かという謎が頭から離れない事だ。
サービス定食は、きつねうどん、天カス入、おにぎり1ヶ。大八定食は、きつねうどん、ごはんといった内容。その差150円。その文言上の違いは、おにぎりかごはんか、天カスが入るかどうか、だけだ。しかも天カスが入っているのは、サービス定食の方というオマケ付きだ。実際に注文してみれば良いのだろうけれども、仮に大八定食を頼んでみて、普通のきつねうどんに、ただのごはんだけが出てきた時のことを想像すると、とてもじゃないが頼んでみようなどという勇気は湧いて来やしない。
だから、おそらく、永遠に、謎だ。うん、謎だ。

手打うどん 大八
住所:神戸市灘区友田町4-2-12 イトーピア六甲道マンション カレーマップ
電話:078-822-4481
営業時間:11:00~14:30
定休日:日曜
cp5 mf5 re5

------------------読了------------------

駿河城御前試合 - 南條範夫 -

伊良子清玄と藤木源之助の結末は予想通りといった感じなのだが、あんなに短いエピソードだったとは。
そして、最終的な結末は…
まぁなんですね、シグルイの方が面白いですね。

2009年12月11日金曜日

新猫家族


六甲山の頂よりblog

2009年12月8日火曜日

中谷酒店@篠原

予算¥1,140(剣先いか下足天ぷら¥200、粕汁¥200、生中(キリン)¥350、キリンラガー大瓶¥390)

住宅地の一角にポツンと灯る呑み処の明かりに導かれ、隣家との狭間にある、これは勝手口以外の何物でもないやろ、といった小さな扉を潜ると、ご近所さんに愛し愛されているいかにもありふれた立ち呑み屋の空間が拡がっている。

【中谷酒店】
「椅子拡げて座り」
と、カウンターを詰めてくれたのは、以前もお隣だった方。おそらく、たぶん。
その言葉に遠慮無くその隙間を埋め、後から来た常連さんがあぶれるのを申し訳なく思いながら、立ち呑み屋には珍しい揚げたての天ぷらで呑む生ビールの美味いこと。
「やっぱり、生がええんか」
と、声を掛けられ、そういえば立ち呑み屋で"生"を呑む人は少ないよな、ということに思い当たる。実際ボクも瓶のことが多い。
それは偏に、大瓶(633ml)と生中(350ml)の値段がそう変わらんとなると、cp重視の立ち呑み屋にあっては、そりゃ、瓶を頼むわな、という当然の帰結。
「またおいでや」
との声に応え、店を出る。
ご近所の寄合のような場なのだが、不思議と居心地がよい。もちろん、また行く。

中谷酒店
住所:神戸市灘区篠原南町2-1-7 立ち呑みマップ
電話:078-861-5758
cp6 mf6 re4

2009年12月7日月曜日

中華飯店 神戸一番@灘センター商店街

予算¥700(本日のサービスセット(ラーメン、カレー焼飯)¥700)

中華にカレーって妙に合いますよね。

【中華飯店 神戸一番】
ふっくらとした食感にスパイシーな香りが絡む。
単なる焼飯にカレー粉を加えただけなのに、何でこんなに美味いのだろう。

中華飯店 神戸一番 灘店
住所:神戸市灘区倉石通2-2-15 カレーマップ
電話:078-802-0253
営業時間:11:00~20:00
定休日:水曜
cp5 mf5 re5

2009年12月5日土曜日

呑み処 うえだ@大安亭市場

予算¥1,120(白雪 ふり袖¥300、ボジョレーヌーボー¥320、かす汁¥250、ホルモンみそ煮込¥250)

ボージョレ・ヌーボーが成田到着、過去50年でも素晴らしい出来?

【呑み処 うえだ】
ボジョレーなどそもそも、立ち呑み屋にてグラスで呑むなり、デパ地下にてプラスチックのコップで試飲する程度で十分、高い金を払ってまで味わうほどの価値などない、と常常思ってきた。ボジョレーがなんだ、ヴィンテージがどうやこうや、と騒ぐよりも、それと同額、もしくはそれよりも安い対価を払えば、それより少なくとも10倍は美味く100倍は満足感を味わえる日本が誇る酒であるところの日本酒たる新酒があるというのに、何故、この時期に敢えてそれより高くて不味いボジョレーヌーヴォなど有り難がって、多くの人人はそちらの方を選択するのだろう?と二十年近く不思議に思い続けてきた。そんな決して口にすることなど無い胸に秘めたる思いは別として、そんな素朴な疑問はこの場に於いてはどうでも良い事で、もちろんそのボジョレーに新酒のどちらの方がどの様に万人に対して、より美味いのか、などを判断するほどの的確にして客観的な舌も経験もないからその様なことを、うだうだと述べているに過ぎないのかもしれないが、「今年の出来は、爽やかな味わいの中にも熟成感があり、後後楽しみな出来です」などと適当な(いい加減な)ことを適当な(相応しい)機会に適当(適切)に言ってのけるためには、少しくらいは口にしないわけにはいかないわけで、周知の事実たる酒好きのボクとしては、何らかの意見を求められたら、それにもっともらしい適当なウンチクを述べられないワケにもいかないわけで、そんなわけで、呑んでも適当なことしか言わないのに、呑まずにして尚更適当なことを言うわけにもいかない。
そして適当に入った店で見掛けた適当な"ボジョレーヌーボー"

これでいよいよ胸を張って、「今年は、過去50年でも素晴らしい出来です」などと適当にうそぶけるわけだ。

呑み処 うえだ
住所:神戸市中央区東雲通5-3-2 立ち呑みマップ
電話:078-252-0780
営業時間:9:30~13:00 16:00~20:00(平日)、~19:00(祝日)
cp6 mf6 re5

2009年12月3日木曜日

お食事処 かねしろ@板宿センター街

予算¥880(カレーうどん¥880)

板宿にて、"こと平"と並び有名なうどん屋"かねしろ"。
あちらは正統派讃岐で有名なわけだが、こちらはボリューム満点なカレーうどんでその名が知られている。

【お食事処 かねしろ】
そのカレーうどん。メインの具はなんと云っても長田名物であるスジ煮込み。
あっ、ここは長田ではありませんでしたね。ボクにとっての板宿というと、良い意味で長田なイメージですが、実は根本的に名実共に須磨でしたね。
で、根源的な処で間違ってはいますが、長田でスジといえば"ぼっかけ"なワケです。そして、ここのスジ煮込みはですが、ボクが思うところのいわゆる"ぼっかけ"とは違います。肉質の多いスジ肉の部分を、牛肉の大和煮よろしく甘辛くかなり濃ゆく炊いたんに、蒟蒻の細切れをくわえたもの。これはそんな具のカレー風味餡かけ饂飩なワケです。
最初の一口はカレー粉のスパイシーな香りが拡がりますが、後から後からズンズン、ズンズンと、そのぼっかけもどきスジ肉の大和煮風味の甘みが、ドンドン、ドンドンと幅を利かせていきます。そして、それは終にカレーうどんという名を捨て、ぼっかけ饂飩の軍門へと下ってしまうわけです。
確かに、ボクはスジ大好き人間、且つ、カレー大好き人間でもあります。
しかしながら、これは"カレー"だ、と思っていたところが、実は"スジ煮込み"であった、などというのは、可愛いながらもツンツンとあまりの素っ気なさに必死になって口説き落としたコが、いざ付き合ってみると実はデレデレであった、などと、予想外の展開にそれはそれで、"とれ~"などと思わざるを得ないのかも知れないのですが、この場合はそれにその他の点に於いてその所に遥かに遠く及びやしない。
やはり、カレーうどんを食べたくてカレーうどんなるものを頼んだわけだから、そこに、きゃびあうどんだの、ふぉあぐらうどんだの、とりゅふうどんだの、が出てきたところで満足しやしない、のだ。残念ながらそういうわけです。

お食事処 かねしろ
住所:神戸市須磨区前池町2-5-11 カレーマップ
電話:078-732-2469
営業時間:11:30~19:00 休憩15:30~17:00
定休日:日曜
cp4 mf5 re5

紅葉狩り


六甲山の頂よりblog

2009年12月2日水曜日

2009年12月1日火曜日

立呑処 ひととひと@甲南町

予算¥2,580(男2人)(生ビール(キリン一番搾り)¥380x3、大黒正宗(一合)¥350、黒龍吟醸いっちょらい(一合)¥420、若鶏きも煮¥280、焼豚¥390)

花木さんにての寂しき呑み。食品組合だかなんだかの会合があるとかないとかで空き空きのカウンターであった。
そんななか、近所に新しい立ち呑み出来てましたね、という話になり、「一緒に行こか?」「行ってき、行ってき」の声に押されて、"ひととひと"へ。

【立呑処 ひととひと】
生ビールは"一番搾り"というのが、まず素敵。それから、大黒350円、キリリと冷えた黒龍でも420円。若鶏きも煮は臭みの無く、程良くコクのある良い塩梅具合で、焼豚はベタベタと甘ったるいよくあるその味ではなく、控え目にあっさりとした豚脂の味が拡がる、さすがはターボーさんトコの品、といった逸品ぞろい。
コロコロとよく笑う笑顔の素敵な"ママさん"と、ツレの誰かにどこか似ている威勢の良い"マツゲちゃん"に、「また怒っているンか」とコーちゃんにからかわれ続けても表情を変えない"コーハイちゃん"。そんな女の子三人がいる素敵な立ち呑み屋。みんなの名前を教えて貰ったはずなのだが、いつも通りの酔っぱらい具合で、一つも憶えてなどいない。
しかし、また一つ良い店が出来た。

立呑処 ひととひと
住所:神戸市東灘区甲南町3-9-16 木村ビル1F 立ち呑みマップ
電話:078-441-0667
営業時間:17:00~23:00
定休日:無休
cp6 mf6 re5
かす汁@ひととひと
焼肉パーリー@ひととひと
一周年@ひととひと

■黒龍酒造株式会社
杜氏:畑山浩(能登杜氏)
住所:福井県吉田郡永平寺町松岡春日1-38
電話:0776-61-6110
FAX:0776-61-3833
公式サイト

黒龍吟醸いっちょらい
1,800ml¥2,447 720ml¥1,223
吟醸酒
原材料:米、米麹、醸造アルコール
原料米:福井県産五百万石
精米歩合:55%
酵母:蔵内保存株(自社培養酵母)
日本酒度:+5
酸度:1.3
alc15%

2009年11月30日月曜日

cafe if@阪急六甲

予算¥650(ウエスタンオムライスカレー¥650)

オムライスにカレーをかけちゃいました、といかにもお子様に人気が出そうな組み合わせの富良野名物オムカレー。
もちろん富良野まで出かけなくても、オールオーバーザカントリー、駅前の小さな茶店でも味わうことが出来ます。

【cafe if】
カントリー&ウエスタンが静かに流れるアリゾナな空がよく似合う?お店。
そこで頼むのはやっぱり"ウエスタンオムライスカレー"
ぼってりと厚いオムの部分である玉子焼きに包まれた、チキンライス。それは粘りけの少ない安物の米に大きめに切られた胸肉、そしてよく炒められたタマネギと何故かそこに混じる炒り卵のシンプルな具。
それを浸すソースは、食品メーカーのカレールウを使いました、といった、素朴でとろみが強く香りのうすい、良く言えば懐かしく暖かみのあるカレー。それに大きめに切られたジャガイモとニンジンが追い打ちをかけて郷愁を誘う。
そんな友達の家にお邪魔したときに"食べて行ったら?"と出されるような品品が、美味くは無いのだが妙に心に染み入ってくる。
他にも、グレービーソースでもドミグラスソースでもなく甘辛い味噌ベース?のソースがかかった"ロコモコ"(¥750)や、カレーソースの代わりに添えられた、しなびた千切りキャベツにニンジンのサラダが侘びしい"ウエスタンオムライスプレーン"(¥650)など、決して人様にお勧めできる店では無いのだが、ボクはスキ。何とも言えずスキ。

cafe if
住所:神戸市灘区八幡町4-9-27 カレーマップ
電話:078-871-2638
営業時間:7:00~
定休日:第2、4火曜
cp5 mf6 re4

2009年11月28日土曜日

立飲み処 MAX はんにゃとう道場@新町商店街

予算¥1,160(清酒 然(一合)¥200、黒松貴仙寿 純米酒(一合)¥250、アサヒスーパードライ大瓶¥380、だし巻(15:00~)¥200、トン足¥130)

酒の呑み方 心得
一、酒乱のごときは、破門のこと
二、鍛錬時間は最高1時間半とする
三、練習代は初めに納金のこと
四、自前の物は持ち込まないこと
五、道場主の教えた尊重すること

【はんにゃとう道場】
"酒の呑み方 心得"だの、"はんにゃとう道場"だのと、何とも厳めしげだが、畏まる必要などまったく無い。
雑多に並んだテーブルに空きを見付けたのなら、そこに滑り込んで好きに呑ませて貰えばよいだけだ。そこには、余所者を訝しむ常連の目もなければ、呑み乱れた酔客、それを叱咤する道場主ももちろん居ない。
アテはおでんの80円からメンタイだし巻の300円までとどれも安い。もちろん酒も安い。

立飲み処 MAX はんにゃとう道場
住所:神戸市須磨区飛松町2-1-17 立ち呑みマップ
電話:078-732-2579
営業時間:11:00~20:00
定休日:日曜
cp6 mf5 re4

■奈良豊澤酒造株式会社
杜氏:藤沢忠治
住所:奈良県奈良市今市町405
電話:0742-61-7636
FAX:0742-61-7658
公式サイト

黒松貴仙寿 純米酒
1,800ml ¥1,855
純米酒
原材料:米、米麹
原料米:山田錦
精米歩合:62%
酵母:9号系酵母
日本酒度:+2
酸度:1.7
alc15~16%

2009年11月26日木曜日

2009年11月23日月曜日

うどん屋 国分亭@河内国分

予算¥650(カレーうどん¥650)

夏はやっぱりカレーでしょ

【うどん屋 国分亭】
カレーうどん、かれーうどん、と気持ちを固め、店にはいる。すると、夏限定メニュー "ひやしカレーつけうどん"の貼紙が目についた。
天ぷらにミニ白ごはんが付いて800円というお値段は、魅力的に思えた。この店のでは、坂出の製麺所"上原"の三代目店主が生地にこだわり、さぬきの夢2000、塩は瀬戸内の天然塩、しっとりと綾織熟成を重ねた本格派包丁切うどんを直送し、使用、しているという。それならば、きっちりとしめられた"ひやし"の方が美味かろう、と思われた次第だ。
しかし、だ。"ひやしカレーつけうどん"これが何処で区切られているかが大きな問題だった。"ひやし・カレーつけうどん"これならば、おそらくは、ひやししめたうどんをカレー汁に浸けて食べる、いわゆる"ひやあつ"と呼ばれるものではないだろうか?と想像できる。これが"カレーつけ・ひやしうどん"であったのならば、より明白だ。だが、もしも、"ひやしカレー・つけうどん"や"ひやしカレーつけ・うどん"だったなら、どうであろう。おそらくそれは"ひやひや"、そして"あつひや"へと姿を変えて出てくるのではないだろうか?うどんに限らず、冷えたカレーと共に炭水化物を食すなど、冷めたピッツァを吹きながら食べるようなモノではないか。一部のアメリカ人の中にはそんなモノを好む人もおるようだが、それと同様に、カレーは冷やして食べるのが当たり前、という地域が無いとも云えくはない。とまで、考えが及んだわけではないが、その"ひやしカレーつけうどん"と刻まれた金看板から、さめたカレーを想像してしまって、普通のカレーうどんを頼んでしまった、のだった。

一味を散らしたその姿は、目にも舌にも、ひと味違う。出しを感じる、というよりはスパイシーなカレーらしい香り、味が強く感じられる。具は正統派にネギと牛、シンプルにしてベスト。そして讃岐らしくもっちりとした食感の中に一本芯が通っているような歯応えを残す。もう少し粘る方が好みだが、もちろんこれも悪くない。この讃岐らしき味わいを楽しむのであれば、やはり"ひやしカレーつけうどん"を頼んでおくべきであった。
ひえたカレーなど当たり前に出てくるはずがないだろ、アホか、少しはまともに頭を使え。

うどん屋 国分亭
住所:大阪府柏原市旭ケ丘3-1-47 BF1 カレーマップ
営業時間11:00~14:30 夕方からは予約のみ営業
定休日:水、日曜
cp5 mf5 re5

2009年11月20日金曜日

六甲山逆縦走


六甲山の頂よりblog

2009年11月18日水曜日

秋のボサノバ生演奏@倶楽部ぱぁ

video
予算¥2,050(生小、ハイボールx2、セット)

なんちゃらかんちゃらで、生演奏を、どうしたこうした?

【倶楽部ぱぁ】
う~ぱと ヴィーニャ カンターンド アレグリメーンチ クェーン クェーン
クアンドゥ ウ マヘク ソヒデンチ ペヂゥ
パラ イントラッ タンベィン ヌ サンバ ヌ サンバ

ウ ガンス ゴシュトウ ダ ドゥプラ イ フェイシュ タンベィン クェーン クェーン
オリョウ プル シスニ イ ヂッシ アッシン ヴェン ヴェン
キ エン クアッテトゥ フィカラ ベン ムイトゥ ボン ムイトゥ ベン

ナ ベイラ ダー ラゴア フォラミンサイアーッ パラ コメサーッ ウ チコ チク ヌ フバー

ア ヴォシュ ドゥ パトゥ エラ メズムン ヂサカートゥ ジョグ ヂ シナ コン ウ ガンス エラ マートゥ
マシュ エウ ゴシュテイ ドゥ フィナーッ クワンドゥ カイッラン ナグア インサイアンド ゥ ヴォカゥ

クェーン クェーン クェーン クェーン
クェーン クェーン クェーン クェーン
くぇ~ん くぇ~ん くぇ~ん くぇ~ん う~ぱと

倶楽部ぱぁ
住所:秘密?
電話:秘密?
営業時間:18:00~23:00? 
定休日:日曜
cp6 mf8 re-
倶楽部あらた@灘区
誕生日@倶楽部あらた
あらた、あらため、ぱぁ@倶楽部ぱぁ
スガイさん@ぱぁ
1st JAZZ LIVE@ぱぁ
それでもやっぱりボクは、平目が好きだと言いたかったんだ@倶楽部ぱぁ

2009年11月16日月曜日

2009年11月15日日曜日

傾いた喫茶店 レードルの"アレ"@通い船

予算¥850(レードルの"アレ"¥850)

山幹に沿いに西へ向かうと、否が応でも目に付いてしまう、今は無き傾いた喫茶店"レードル”
その店に"アレ"があるということを知ったのは、いつの頃であっただろうか?
それ以来、いつの日にか"アレ"を一度は、たった一度でも良いから口にしてみたい、と幾たびか夢に見、何度となく枕を涎で濡らしたことであろう。
しかし、数年に一度、限定20食程度、常連さんにのみ、"アレ"あるよ、と囁かれるというその一品は、サガルマータの頂よりも遥か遠くにあるかのようであった。
いつの日にか、その夢が叶う日が来るかも知れない、と、希望的観測だけは持ち続けての、思い焦がれるだけで何の努力もせずに過ごしていった日日。それも、一度としてその香りすら鼻にすることもなく、突然の閉店により、永久にそんなあまい考えなど叶えられるはずもないのだ、と思い知らされた現実。
そんな甘酸っぱい青春の一頁を、これもまた(何の努力もせずに)叶わなかった夢のひとつとして、また心の奥底に墨塗りを増やし、胸の奥深くへと沈めていっていた。

「レードルさんに料理を作ってもらおうか、というような企画があるんですよ、実は」
というウ○ミさんの言葉。
それがまさか、あの"アレ"であったとは!?
今回、20皿限定で、と、立てられたこの一日限定、レードルの"アレ"を食べよう企画。休みが取れるだろうか?と迷いはしたモノの、昼抜けて食べに行けばええやん、と、昔年の思いを込めて、予約を入れたのであった。

【レードルの"アレ"】
予め仕込まれたルーをフライパンで温め直していく。そこからして、カレーらしいスパイシーな香りよりも、甘酸っぱく爽やかな芳香が漂ってくるのは、20皿分に12個もの"あれ"を用いているからに他ならない。
待つこと数分、社町契約農家のおいしい低農薬米がたっぷりと盛りつけられ、更に、"あれ"を長時間、無水で炒め尽くし、味、香りともに濃縮された"アレ"が惜しげもなく、たっぷりと盛られた。
それを口にするまでのワクワクとした、ココロオドル時間。その時は、とてもとても、ボク好みの始めにガツンとした強烈な甘みがあり、そこから、猛攻な辛さと濃厚な旨味が口蓋一杯から、鼻腔、脳髄、更に、翌日の"けろのみ"まで刺激するような喜びを感じずにはいられなかった。
しかしそれも、良い意味で裏切られた。始めにガツンと来る胃臟を刺激する辛味。額に汗しながらも止まらない旨味。そして、後から拡がる、すっきりとした甘みに芳しい芳香。
いつもは純然たる"あれ"の滋味を味わっていただくために肉類は入れないのだけれども、というなか、今回は、ステーキ用の肉を入れてみました、という特別サービス。
そんな手間暇、原価を考えたら、とてもじゃないけど、店で出せる品ではないとの言葉にも頷ける逸品。

来年、また、この時期に、この"アレ"に巡り会えたらいいな。

LADLE(沖縄おでんと島野菜の店 通い船)
住所:神戸市灘区篠原南町7-1-18 カレーマップ
電話:閉店
営業時間:11:00~14:00
定休日:一日限定復活
通い船@骨董通り
レードルの甘辛カレー@通い船
2周年@通い船
ようつべ