2009年11月30日月曜日

cafe if@阪急六甲

予算¥650(ウエスタンオムライスカレー¥650)

オムライスにカレーをかけちゃいました、といかにもお子様に人気が出そうな組み合わせの富良野名物オムカレー。
もちろん富良野まで出かけなくても、オールオーバーザカントリー、駅前の小さな茶店でも味わうことが出来ます。

【cafe if】
カントリー&ウエスタンが静かに流れるアリゾナな空がよく似合う?お店。
そこで頼むのはやっぱり"ウエスタンオムライスカレー"
ぼってりと厚いオムの部分である玉子焼きに包まれた、チキンライス。それは粘りけの少ない安物の米に大きめに切られた胸肉、そしてよく炒められたタマネギと何故かそこに混じる炒り卵のシンプルな具。
それを浸すソースは、食品メーカーのカレールウを使いました、といった、素朴でとろみが強く香りのうすい、良く言えば懐かしく暖かみのあるカレー。それに大きめに切られたジャガイモとニンジンが追い打ちをかけて郷愁を誘う。
そんな友達の家にお邪魔したときに"食べて行ったら?"と出されるような品品が、美味くは無いのだが妙に心に染み入ってくる。
他にも、グレービーソースでもドミグラスソースでもなく甘辛い味噌ベース?のソースがかかった"ロコモコ"(¥750)や、カレーソースの代わりに添えられた、しなびた千切りキャベツにニンジンのサラダが侘びしい"ウエスタンオムライスプレーン"(¥650)など、決して人様にお勧めできる店では無いのだが、ボクはスキ。何とも言えずスキ。

cafe if
住所:神戸市灘区八幡町4-9-27 カレーマップ
電話:078-871-2638
営業時間:7:00~
定休日:第2、4火曜
cp5 mf6 re4

2009年11月28日土曜日

立飲み処 MAX はんにゃとう道場@新町商店街

予算¥1,160(清酒 然(一合)¥200、黒松貴仙寿 純米酒(一合)¥250、アサヒスーパードライ大瓶¥380、だし巻(15:00~)¥200、トン足¥130)

酒の呑み方 心得
一、酒乱のごときは、破門のこと
二、鍛錬時間は最高1時間半とする
三、練習代は初めに納金のこと
四、自前の物は持ち込まないこと
五、道場主の教えた尊重すること

【はんにゃとう道場】
"酒の呑み方 心得"だの、"はんにゃとう道場"だのと、何とも厳めしげだが、畏まる必要などまったく無い。
雑多に並んだテーブルに空きを見付けたのなら、そこに滑り込んで好きに呑ませて貰えばよいだけだ。そこには、余所者を訝しむ常連の目もなければ、呑み乱れた酔客、それを叱咤する道場主ももちろん居ない。
アテはおでんの80円からメンタイだし巻の300円までとどれも安い。もちろん酒も安い。

立飲み処 MAX はんにゃとう道場
住所:神戸市須磨区飛松町2-1-17 立ち呑みマップ
電話:078-732-2579
営業時間:11:00~20:00
定休日:日曜
cp6 mf5 re4

■奈良豊澤酒造株式会社
杜氏:藤沢忠治
住所:奈良県奈良市今市町405
電話:0742-61-7636
FAX:0742-61-7658
公式サイト

黒松貴仙寿 純米酒
1,800ml ¥1,855
純米酒
原材料:米、米麹
原料米:山田錦
精米歩合:62%
酵母:9号系酵母
日本酒度:+2
酸度:1.7
alc15~16%

2009年11月26日木曜日

2009年11月23日月曜日

うどん屋 国分亭@河内国分

予算¥650(カレーうどん¥650)

夏はやっぱりカレーでしょ

【うどん屋 国分亭】
カレーうどん、かれーうどん、と気持ちを固め、店にはいる。すると、夏限定メニュー "ひやしカレーつけうどん"の貼紙が目についた。
天ぷらにミニ白ごはんが付いて800円というお値段は、魅力的に思えた。この店のでは、坂出の製麺所"上原"の三代目店主が生地にこだわり、さぬきの夢2000、塩は瀬戸内の天然塩、しっとりと綾織熟成を重ねた本格派包丁切うどんを直送し、使用、しているという。それならば、きっちりとしめられた"ひやし"の方が美味かろう、と思われた次第だ。
しかし、だ。"ひやしカレーつけうどん"これが何処で区切られているかが大きな問題だった。"ひやし・カレーつけうどん"これならば、おそらくは、ひやししめたうどんをカレー汁に浸けて食べる、いわゆる"ひやあつ"と呼ばれるものではないだろうか?と想像できる。これが"カレーつけ・ひやしうどん"であったのならば、より明白だ。だが、もしも、"ひやしカレー・つけうどん"や"ひやしカレーつけ・うどん"だったなら、どうであろう。おそらくそれは"ひやひや"、そして"あつひや"へと姿を変えて出てくるのではないだろうか?うどんに限らず、冷えたカレーと共に炭水化物を食すなど、冷めたピッツァを吹きながら食べるようなモノではないか。一部のアメリカ人の中にはそんなモノを好む人もおるようだが、それと同様に、カレーは冷やして食べるのが当たり前、という地域が無いとも云えくはない。とまで、考えが及んだわけではないが、その"ひやしカレーつけうどん"と刻まれた金看板から、さめたカレーを想像してしまって、普通のカレーうどんを頼んでしまった、のだった。

一味を散らしたその姿は、目にも舌にも、ひと味違う。出しを感じる、というよりはスパイシーなカレーらしい香り、味が強く感じられる。具は正統派にネギと牛、シンプルにしてベスト。そして讃岐らしくもっちりとした食感の中に一本芯が通っているような歯応えを残す。もう少し粘る方が好みだが、もちろんこれも悪くない。この讃岐らしき味わいを楽しむのであれば、やはり"ひやしカレーつけうどん"を頼んでおくべきであった。
ひえたカレーなど当たり前に出てくるはずがないだろ、アホか、少しはまともに頭を使え。

うどん屋 国分亭
住所:大阪府柏原市旭ケ丘3-1-47 BF1 カレーマップ
営業時間11:00~14:30 夕方からは予約のみ営業
定休日:水、日曜
cp5 mf5 re5

2009年11月20日金曜日

六甲山逆縦走


六甲山の頂よりblog

2009年11月18日水曜日

秋のボサノバ生演奏@倶楽部ぱぁ

video
予算¥2,050(生小、ハイボールx2、セット)

なんちゃらかんちゃらで、生演奏を、どうしたこうした?

【倶楽部ぱぁ】
う~ぱと ヴィーニャ カンターンド アレグリメーンチ クェーン クェーン
クアンドゥ ウ マヘク ソヒデンチ ペヂゥ
パラ イントラッ タンベィン ヌ サンバ ヌ サンバ

ウ ガンス ゴシュトウ ダ ドゥプラ イ フェイシュ タンベィン クェーン クェーン
オリョウ プル シスニ イ ヂッシ アッシン ヴェン ヴェン
キ エン クアッテトゥ フィカラ ベン ムイトゥ ボン ムイトゥ ベン

ナ ベイラ ダー ラゴア フォラミンサイアーッ パラ コメサーッ ウ チコ チク ヌ フバー

ア ヴォシュ ドゥ パトゥ エラ メズムン ヂサカートゥ ジョグ ヂ シナ コン ウ ガンス エラ マートゥ
マシュ エウ ゴシュテイ ドゥ フィナーッ クワンドゥ カイッラン ナグア インサイアンド ゥ ヴォカゥ

クェーン クェーン クェーン クェーン
クェーン クェーン クェーン クェーン
くぇ~ん くぇ~ん くぇ~ん くぇ~ん う~ぱと

倶楽部ぱぁ
住所:秘密?
電話:秘密?
営業時間:18:00~23:00? 
定休日:日曜
cp6 mf8 re-
倶楽部あらた@灘区
誕生日@倶楽部あらた
あらた、あらため、ぱぁ@倶楽部ぱぁ
スガイさん@ぱぁ
1st JAZZ LIVE@ぱぁ
それでもやっぱりボクは、平目が好きだと言いたかったんだ@倶楽部ぱぁ

2009年11月16日月曜日

2009年11月15日日曜日

傾いた喫茶店 レードルの"アレ"@通い船

予算¥850(レードルの"アレ"¥850)

山幹に沿いに西へ向かうと、否が応でも目に付いてしまう、今は無き傾いた喫茶店"レードル”
その店に"アレ"があるということを知ったのは、いつの頃であっただろうか?
それ以来、いつの日にか"アレ"を一度は、たった一度でも良いから口にしてみたい、と幾たびか夢に見、何度となく枕を涎で濡らしたことであろう。
しかし、数年に一度、限定20食程度、常連さんにのみ、"アレ"あるよ、と囁かれるというその一品は、サガルマータの頂よりも遥か遠くにあるかのようであった。
いつの日にか、その夢が叶う日が来るかも知れない、と、希望的観測だけは持ち続けての、思い焦がれるだけで何の努力もせずに過ごしていった日日。それも、一度としてその香りすら鼻にすることもなく、突然の閉店により、永久にそんなあまい考えなど叶えられるはずもないのだ、と思い知らされた現実。
そんな甘酸っぱい青春の一頁を、これもまた(何の努力もせずに)叶わなかった夢のひとつとして、また心の奥底に墨塗りを増やし、胸の奥深くへと沈めていっていた。

「レードルさんに料理を作ってもらおうか、というような企画があるんですよ、実は」
というウ○ミさんの言葉。
それがまさか、あの"アレ"であったとは!?
今回、20皿限定で、と、立てられたこの一日限定、レードルの"アレ"を食べよう企画。休みが取れるだろうか?と迷いはしたモノの、昼抜けて食べに行けばええやん、と、昔年の思いを込めて、予約を入れたのであった。

【レードルの"アレ"】
予め仕込まれたルーをフライパンで温め直していく。そこからして、カレーらしいスパイシーな香りよりも、甘酸っぱく爽やかな芳香が漂ってくるのは、20皿分に12個もの"あれ"を用いているからに他ならない。
待つこと数分、社町契約農家のおいしい低農薬米がたっぷりと盛りつけられ、更に、"あれ"を長時間、無水で炒め尽くし、味、香りともに濃縮された"アレ"が惜しげもなく、たっぷりと盛られた。
それを口にするまでのワクワクとした、ココロオドル時間。その時は、とてもとても、ボク好みの始めにガツンとした強烈な甘みがあり、そこから、猛攻な辛さと濃厚な旨味が口蓋一杯から、鼻腔、脳髄、更に、翌日の"けろのみ"まで刺激するような喜びを感じずにはいられなかった。
しかしそれも、良い意味で裏切られた。始めにガツンと来る胃臟を刺激する辛味。額に汗しながらも止まらない旨味。そして、後から拡がる、すっきりとした甘みに芳しい芳香。
いつもは純然たる"あれ"の滋味を味わっていただくために肉類は入れないのだけれども、というなか、今回は、ステーキ用の肉を入れてみました、という特別サービス。
そんな手間暇、原価を考えたら、とてもじゃないけど、店で出せる品ではないとの言葉にも頷ける逸品。

来年、また、この時期に、この"アレ"に巡り会えたらいいな。

LADLE(沖縄おでんと島野菜の店 通い船)
住所:神戸市灘区篠原南町7-1-18 カレーマップ
電話:閉店
営業時間:11:00~14:00
定休日:一日限定復活
通い船@骨董通り
レードルの甘辛カレー@通い船
2周年@通い船
ようつべ

2009年11月13日金曜日

立呑み 一平@仁川

予算¥1,590(麦とホップ 生中¥280x2、白雪 にごり酒 彦三郎(一合)¥380、秋鹿 純米酒 千秋(一合)¥400(おごり)、ホルモン¥350、〆鯖¥300)

六甲山帰り。
チョロッと呑んで帰りたいな、と思い、宝塚駅周辺を彷徨い歩くも、それなりによさげな店などなく、いつの間にやら仁川へと辿り着いていた。
さすがは阪神競馬場のお膝元、まだ日も暮れぬ内から暖簾をあげる店が幾つか見受けられる。
立呑みに、居酒屋、開店準備を始めるおでんや、そんな駅前の並びから"やっぱ、立呑みやろ"と、一平の暖簾を潜った。

【立呑み 一平】
競馬中継を垂れ流すTVに、競馬新聞を拡げる常連さん。酒の値付けは多少高めな印象。
チョイ高な、生ビールには二の足を踏み、生リキュール(発泡性)①より始めていく。
アテに、ホルモンと生もんとを散散迷った末、ホルモンを選んだ。
迷う内に空けてしまったジョッキ。ホルモンに日本酒は合わんやろ、と麦とホップと追加し、下品すぎるほどにたっぷりと脂がのる赤センにテッチャン、そして相変わらず何が美味いのか分からないセンマイ共共、キンキンに冷えた生リキュール(発泡性)①をもって、流し込む。

いよいよ次は酒でしょ、と福娘(300円)(と書いてあるが、長陽福娘ではなく、富久娘であろう)とにごり酒(380円)、秋鹿(400円)のうちから、これまた迷いに迷った挙げ句ににごりを頼んだ。
キリリと冷やされた白雪にごり、正一合こぼし。甘酒にアルコールを添加したような甘ったるい飲み口の深みのない風味なのだが、呑みやすいと云えば呑みやすいと言えないアジではない、もちろん不味いワケでもない、が、また頼もうと思うシナでもない。
そんなそれをチビチビと舐めるように呑んでいると、突然後ろから肩をガシッと、掴まれ
「一杯おごったる」
と、声をかけられた。
「あ、ありがとうございます」
と、振り返り礼を返すが、当然ながら知った顔ではない、こんな処で知った顔に合うはずもない。
酔っぱらいの戯言か、と半ば思いながら、期待半分、諦め半分、残りを飲み干す。
「ワイさんのおごりです、何を呑みますか?」
と、店主から声を掛けられ、それでは、と、お隣さんが頼んだ最高値の焼酎400円と同じ値段である、日本酒最高値の秋鹿を〆鯖と合わせ頼んだ。
「頂きます」
と、再び振り返り、礼を言う。
何でも、競馬で当てたらしい。こんなおこぼれにも与れるから、立呑み屋はやめられない。

立呑み 一平
住所:兵庫県宝塚市仁川北2-3-11 立呑みマップ
電話:0798-54-1100
営業時間:14:00~22:30
定休日:木曜
cp6 mf5 re5

2009年11月10日火曜日

真・辛口宣言@花木酒店

予算¥1,130(キクマサハイグラス¥240x2、キリン一番搾り350ml¥240x2、うにくらげ¥170、湯豆腐田楽(サービス)、鶏唐揚げ(おごり))

真・辛口宣言

【花木酒店】
久久の花木さん。
まずはキクマサを取り出し、そのまま冷蔵庫の中のアテを吟味し続けていると
「そない、選ばんでも出てくるから」
の、アオヤマさんの声に押され、そのままに、いつも空いているナカムラさんの横へと着いた。

グラスを傾けながらラベルの裏を覗くと、いつの間にかのキクマサ"辛口宣言"
いつから変わっていたのだろう?と眺め、それを呑み干すうちに、そのサービスのアテが運ばれてきた。
湯豆腐に田楽味噌をかけ、柚子皮を散らした一品。lotによって違うようだが、ボクの回では、柔らかい絹ごしで仕上げられたモノであった。
普通の豆腐田楽のように、絞られ、焼き締められた豆腐とは違い、それは柔らかく、箸で持ち上げて口へと運ぶのには往生しはするが、それをロハで頂いているのに、それに文句を付けるほどの人非人ではない。
食べ難いながらも、それを摘みつつ、スーさん、ヨシオ(コ)さんとの会話を続けていく内、いつの間にやら、ナカムラさんの話に引きずり込まれていった。

お互い、酔っぱらってのいつも通りの会話。それは、いつも通りのろれつの廻らぬナカムラさんの話に終始している。その内容たるや、話半分にも理解できやしないが、適当に相槌を打っていく。
すると、突如として、鞄を漁りだし、発泡酒、ワンカップなどを取り出す中、ラベルのはぎ取られた白鶴を取り出してきた。
「これは、水と同じようなモノだから」
と、女将さんの目を伺いながら、こっそりと差し出す。
「これなら、人目を気にせず、何処ででも呑めるから」
と、密かにそれを渡された。
ここで呑むわけでもあるまいし、そない、こそこそとせんでもええのに、と思いながらも
「ありがとうございます」
と言いながら、ありがたくもあり、迷惑でもあるそれを、ポケットにこっそりと滑り込ませた。

立ち呑み処 花木酒店(花木商店)
住所:神戸市東灘区甲南町3丁目7-14 立ち呑みマップ
電話:078-451-0001
営業時間:15:00~20:00
定休日:水、木曜
cp8 mf8 re6
立ち呑み処 花木酒店@甲南市場
やっぱり俺はキクマサムネ@花木酒店

2009年11月9日月曜日

古閑千鶴と須藤雅彦TRIO@新家

予算¥600(生ビール¥300、梅酎ハイ¥300(特別価格))

第4回水道筋ミュージックストリートにて

【新家】

video

Vo.古閑千鶴
Gt.須藤雅彦
Pf.福光慶子
Bass.松本敬志

新家
住所:神戸市灘区篠原南町7-2-2 居酒屋マップ
電話:078-861-3232
営業時間:18:00~23:00 
定休日:第1日曜、火曜
cp6 mf8 re7
新家@畑原東
卒業式@新家
風邪引き@新家
新家オリジナルドライカレー@新家
どぶろく@新家
ソフィーカレー@新家

2009年11月8日日曜日

そして、宝塚


六甲山の頂よりblog

2009年11月7日土曜日

吉美屋@新開地

予算¥1,250(アサヒスーパードライ大瓶¥450、ハイボール(ブラックニッカ クリアブレンド)¥300、魚子とエンドウ¥500)

独り山行の帰り道。
ふと通りかかった"東山商店街"。
東山といえば"スグル"というわけで早速メールをするも
"今、九州に居てるッス"
と、つれない返事なので、一人寂しく、仕方なしに、頑張った自分へのご褒美(w、おひとり様なあてくし(w、みたいな感じで新開地を目指していった。

【吉美屋】
この店を選んだのは簡単単純明白な理由、暖簾の隅に揺れる"鶴の舞 純米大吟醸"の文字を見付けたから。
しかし、取り敢えずはビール、と決めていたから、まずは大瓶を頼む。
それから何を摘もうかな?と、メニューに目を通していると
「見ていった方が早いで」
と声が掛かり、言われるがままに、カウンターに並んだアテを見て回った。

店の奥では、ボートレースが流れ続け、客は皆、賭を熱く語る。
当初、場外馬券場を此の地に造る、という話が持ち上がったおりに"そんなんされては、ガラ悪なってまう"と、商店街で一斉に反対し、それは元町に造られることとなった。
しかし、その後の元町の賑わいは、言わずもがな。
慌てて、ボート券売場を誘致したという。

次次と暖簾を潜る常連の前には、何も言わずとも酒が差し出され、アテが並ぶ。言葉を交わさずとも通じ合う、客と店主のテキパキとした遣り取りが心地よい。

もう少し、この場に居たくて、次に呑むものを探す。
本当であれば、この店に入った理由でもある"鶴の舞"を頼んでみたかったのだが、一杯1,200円に腰が引け、ハイボールを追加した。

吉美屋
住所:神戸市兵庫区新開地5-3-22 立ち呑みマップ
電話:078-577-0120
営業時間:10:00~21:00
定休日:不定休(基本木曜)
cp5 mf5 re5

2009年11月5日木曜日

こねこの山


六甲山の頂よりblog

2009年11月4日水曜日

白身のネタ@彦六鮓

予算¥6,350(男1人女1人)(キリンラガー、瀧鯉大吟醸、バッテラ、穴子箱、平目、穴子、蛸x2、マグロ、イクラ、アジ、イカ、他)

「取って置きの店なんだ」
と、かつてユキは言った。もちろん、俺にとってもトッテオキの店だ。
「始めに食べた白身のネタがメチャメチャ美味くて」
と、今回は、そう言った。そんな言葉を聞いて、あの店で食べた白身といえば、"平目"に"コチ"すぐに思い浮かんだのは、そんなネタだけであった。
しかし、どちらも今は旬ではないし、感動するぐらい美味い、となると何だろう?と、疑問に思いながら、も行き付けの、そんな数数の思いが刻まれた階段を下りて行くのであった。

【彦六鮓】
行き付けなどと大層なことを言ったが、最近の貧しい懐具合故に、前回から一年近くご無沙汰となる訪問ではないだろうか。
ちょっとは期待していた知った顔もなく、寂しげなカウンターに着き、掛けられた札を眺めながら、それらしきものは無いだろうな、と思いながらも適当にアテを重ねていく。
「美味しい」
と言いながらも、思っていたものには出会わない不満さを抱えたような横顔を見つめながら、杯を勧めた。

店を出た後
「二千円で良いよ」
との言葉に、ありがたく従う。
そんなこんなで、貧しいながらも、ありがたく、日日酒を楽しんで生き存えております。
しかし、彼女の記憶を満足させるだけのモノがあったのかどうかは、知らない。

彦六鮓
住所:神戸市灘区宮山町2丁目1-7 寿司マップ
電話:078-851-7555
定休日:金曜
彦六鮓@阪急六甲
cp6 mf7 re6

2009年11月3日火曜日

2009年11月2日月曜日

第4回水道筋ミュージックストリート

video
"通い船"特設会場にてのカチャーシー

そこから怒濤のフィナーレ(な也さん)に傾れ込む video

水道筋ミュージックストリート